あの東日本大震災から8年が経ち思い出したことなどを

早いもので、あの恐ろしい東日本大震災から8年になります。あの時はまだ若かった私ですが、もう8年の月日が流れてしまいました。8年経過して町は復興をしつつありますが、まだ復興が出来ていない部分もたくさんあります。

私は被災地に住んでいますが、内陸に住んでいて沿岸部のエリアにはなかなか行く機会がありません。311を経験して、まさか自分の住んでいる町があのような甚大な津波被害を受けるなんて想像もしていませんでした。あの震災が起きるまで私の町は大きな地震など経験したことがなかったのです。大きくても震度3程度の揺れでした。

あの日の出来事はもう8年も経過したというのに忘れることが出来ません。午前中は凄く天気が良くて、普段空なんて見たりしない私も「快晴だなぁ」なんて思った程でした。それがまさか地震が起きて天気が悪くなり雪まで降って来たりして、地球はどうなってしまったのかと思いました。

しばらく経ってテレビを点けると津波の映像が流れていて、たくさんの車や家が流されていて本当に現実の出来事なのかと疑う程でした。テレビを見る前に津波が来たということをラジオで知ったのですが、映像にして見ると想像以上の光景でショックを受けました。

とても恐ろしくて悲しい震災でしたが、この震災が起きたことで学んだことや感じたことが良くも悪くもたくさんあったと思います。まず大事だなと思ったのは備えをするという重要さです。大地震なんて来ないと思っていたので、我が家は何も備えなく自宅被災者となりました。

ですから食べる物も手に入らず飲み水もなくて地獄のような被災生活を最初の頃は送っていました。また、大きな地震が起きたら津波を警戒しなければならないということも学びました。自分は海から離れた地域に住んでいるけど、もし海の近くにいる時に地震に遭遇したらとにかく遠くへ、高台に逃げなければならないということを学びました。

津波が来ないと油断して私の家族の友人の親族の方は逃げずに亡くなってしまいました。そのような人を次に震災が起きた時は絶対に出してはいけないと思います。水が使えることのありがたみも感じました。私の地域では断水が長いことしていました。水が出た時は感動すら覚えました。

けど私は恵まれていたと思います。避難所生活をしていた方々はもっと苦労をしていたと思います。家をなくしたり家族を失ったりと辛い思いをたくさんされたと思います。

私はボランティアに行ったりすることは出来ませんでしたが、震災の被災者の方々の為に募金をしたり支援物資を提供したりしました。もしこんな震災は起きて欲しくはありませんが、地震はいつ来るか誰にも分かりません。いつ起きるか分からない災害の為に備えをしっかりして東日本大震災の教訓を活かしたいと思います。

小林陵侑選手の総合優勝はもっとクローズアップされるべきニュース

現在、スキージャンプのワールドカップが開催されており男子は残り5戦を残して小林陵侑選手が日本人で初めて総合優勝という快挙を成し遂げました。先週末行われた個人第23戦では5位という結果だったのですが、総合2位のストッフ選手が13位ということでポイント差などで優勝が決まりました。

小林選手は23戦中11勝を挙げており、その中で年末年始に行われたジャンプ週間でも全戦全勝とこれまた日本人では初めての快挙となり話題となりました。残念ながら世界選手権ではノーマルヒルでは惜しくも4位となり期待されていたラージヒルでは1回目首位につけていたにも関わらず、雪と風で信じられないような状況となってしまいまさかの14位という結果に終わってしまいましたが、しっかりと切り替えて総合優勝を勝ち取りました。

オリンピックや世界選手権などの1発勝負で勝つということも難しいことですが、年間を通して毎週のようにあるワールドカップでは様々な形状のジャンプ台など条件が違う中で勝ち続け総合優勝者に輝くというのはスキージャンパーの間では価値があると言われています。

年間を通して闘い続けるためにはメンタル面も体調面も必要となってきます。昨年はワールドカップの順位が最高6位、平昌オリンピックでも最高が7位だったことを考えるといかに今シーズン急成長したことが分かります。岩手県出身の小林選手は「いわてスーパーキッズ」という岩手県の事業で運動神経の良い子供たちが集まって発掘する育成事業の1期生だったそうです。

小さいころから様々なスポーツに取り組んできたそうで、その事業での初めてのオリンピック選手なのだそうです。元々の身体能力の高さや体格、小さいころにやってきた経験が活かされて今回のワールドカップ総合優勝という大きな結果をもたらしたのかもしれません。

これまでのワールドカップの総合優勝者はウインタースポーツが盛んな欧米勢ばかりということで欧米勢以外での初の優勝者となりました。まだ22歳と若いのでこれから総合優勝の連覇やオリンピックや世界選手権を制する日がくるかもしれません。

それなのに日本ではこのニュースは大きく報道されていないのが少し残念です。もっともっとクローズアップされるべきニュースだと思いましたし、女子のスキージャンプのように男子の方も有料放送だけではなくBS・NHKで生中継してくれればもっとスキージャンプの人気が広がるのになと思ってしまいました。

エネルギーチャージとしてのコンビニおやつの活用方法

街歩きというのにはエネルギーが要ります。駅近と言われる範囲を超えた距離をちょっと行こうとするものなら、すぐにへとへとになってしまうと言っても過言ではありません。この頃街中にやけにカフェが出来たなと思っていましたが、最近仕事で行動範囲が広い用事が増えてくるにつれ、なるほどと思ったものです。

間隔を空けずに類似したお店が建っていますが、歩いているうち、結構その位ちょくちょく休みたくなる気持ちは湧いてくるものだと感じました。それにしてもそのような休み処を考えるのに、毎日のことだと一々カフェを利用するのはちょっと金銭的に困りものです。

カフェはカフェで、どうしても飲みたいメニューなどがあってその時には入ってしまうものなので、それまで我慢するとして、それ以外の時には節約を考えないといけません。何せ、千円、二千円とすぐ飛んで行ってしまいます。

安い品を予め行きつけのお得なお店で大量買いしておいて、それを持参できれば越したことはないんですが、それにしてもかさばるのを考えるとあまり量を持ち運ぶことは出来ません。重いものを持ち歩くのもそれはそれでエネルギーを消費してしまいます。

また、体調のケアのことを考えるなら、その時に食べたいものを食べるのが一番なので、予め用意したものだとそれに適さない場合もあります。なので、どこにでも建ってくれているコンビニを利用して、おやつのプランを組み立てるのがいいのかしらと思うようになりました。

ただコンビニのおやつも気を付けなければあっというまに一回分の買い物の総計が千円近くに達し、肝心のご飯の分のお金がないということになってしまうので、気を付けなければいけません。そこで、どこのコンビニでもある、百円位の価格のベーシックなおやつ類に注目してみることにしました。

スーパーのプライベートブランドのようなものです。チョコレートとかマシュマロとか、ポテトチップスなどがあります。世の中には安かろう悪かろうの製品もやはりありますが、最近ではこういうものもなかなか使えるものが多いです。需要が出てきたのかもしれません。

考えれば、世の中の情勢的に言ってこれだけ給与の上がり幅が少ないのに、自然なことかもしれないですね。とにかく百円程度なのに腹持ちは良く、内容量もそんなに少なくはないのです。一度袋を開けてもまた食べる時まで鞄に仕舞えるものも多いので、一度に食べ切ってしまわずに、道すがらちょくちょく口に入れながら歩くことだって出来ます。

こういうものを頑張って歩いて行き来する用に買っておいて、それよりは少し値段の張る普通のおやつは、自分の中で何か達成感を得られた時に購入するといいかもしれません。このようなエネルギーチャージ用のおやつがあるとないとでは、仕事の効率上雲泥の差が出ます。

必要なものを食べられていないと、仕事場で捗らないばかりか、栄養不足のためにいらいらしがちになったりするものですから、ちょっと取り入れるだけでお得なものをどんどん見つけたいですね。

東南アジアで野生のオオカミを残飯で飼い慣らして無害化した話

日本ではほとんど見られなくなった野良犬ですが東南アジアですと都市部の駅の前やバスターミナルなどにも半分野良犬で半分飼い犬のようなタイ王国などですと地域の犬と言ったような呼ばれ方をする犬たちが大勢自由に暮らしています。

私が暮らしているタイ北部の町ピサヌロークというところにも鉄道駅やバスターミナルや裏路地やら色々な所に野良とも放し飼いとも判別がつかない犬たちがいてまあ駅前や商店街にいる犬達は餌をもらっていますしいつも機嫌が良いのですが大通りから入って住宅地の方に入ると野良犬というよりはもはや半分狼化していて見知らぬ顔の人間が食べ物を持っているとコンビニ袋に食いついて奪い取ったりします。

万が一ほんの少しでも噛まれたりすると発症したら死亡率100%の狂犬病の恐れが出てきますのですぐに高価なワクチンを打ちに何度も病院に行く羽目になって結構これが面倒くさいのです。

犬というのは面白いもので吠えかかったら本気で逆襲する相手にはそうそう吠えかかったりはしません。ですから私のような外国人には例え大男でも吠えかかってきますが地元の野菜売りのおばあちゃんには一言怒鳴られただけで野良犬達は退散します。

タイの地元のおばあちゃん達は野良犬や狂犬病の恐ろしさをよく知っているので野良犬と対峙するときは本気で命の取り合いをするつもりで一打目から頭を狙って棍棒で殴ったりしますので野良犬達もその気合に圧倒されてすぐに負けを認めます。

私も最初の頃は気合で勝とうと思って、怒鳴ったりしていたのですがむしろ野良犬たちの数が増えてしまって本気で殺されるんじゃないかと思ったことが何度もあり作戦を変えました。

やはり日本人は日本人らしくジャパニーズマネーの力に頼ることにして市場で一番安い豚の腸の塊や、鳥の肉をとった後のガラを買い込んできてアパートの前で配ってみました。

これは効果てきめんでした。野良犬たちはまさに「犬のように」私に媚びへつらい顔色を伺うようになりました。元々犬というものは誰でも知っている通り何万年か前に狼を飼い慣らしたものですが私は今まさに何万年か前の人間が狼を飼い慣らしたような状態だったのかもしれません。

日本では犬というものは100%飼いならされているものですから今まで牙をむき出しにしていた狼のような犬たちが数秒で、日本の実家で飼っている犬のように大人しくなってしまったのでかなりの衝撃を受けました。

それ以来私は人間が食べ残したものを必ず野良犬たちにあげることができるように残飯回収専用の分厚いポリ袋を用意するようになりました。おそらくボディガードとして活用することもできるでしょうから発展途上国で一人で暮らしている若い女性などがいたら近隣の野良犬を支配することによって安全に暮らせるかもしれません。

案外私は行ける気がすると思うきっかけになっていること

そろそろ花粉症の症状が出てくる人が多くなってきたようで家族はもちろん職場でも辛そうな人を見かけることが多くなってきました。その中でなぜか「花粉症に縁がない記録」を更新し続けている私です。

友達が花粉症対策のお茶だ・サプリメントだと大騒ぎしている中でも「へえ、そんなものがあるんだ」と感心して呆れられたこともあります。私の小さいころは花粉症なんて言葉はなかったようにも思うのですが、これって現代病のひとつなんでしょうか。

なぜ平気なのか、とか聞かれて「やっぱり田舎育ちだからかなあ」なんて言っても「実家が農家っていう人も花粉症になってるよ」と言われてびっくりです。

いろいろ考えてみるに、やっぱり一番の大きな原因は「動物と過ごすことが多かった」ということかなあと考えています。小さいころは小鳥や犬・猫・鶏なんかと過ごしていたし、今も愛猫と過ごす時間が至福のひとときという毎日です。

だから「自然に親しむ」ことで花粉に対する免疫みたいなものがあるのかなあと考えていました。ところが職場の先輩から「わかった、きっと動物と過ごしているうちになんかもらったのよ」と言われてびっくりしました。

先輩いわく、「猫と遊んだり食事の用意をしてあげたりブラッシングしたりしてるうちに花粉以外のアレルゲンを猫からもらったのよ」というのです。私の免疫システムはその猫からの「アレルゲン」に対する防御に忙しくて、植物の花粉みたいなものに反応するヒマはないのだというのが先輩の解説でした。

言われてみたら、ああなるほどなあなんて納得します。私の愛猫は短毛種とはいえブラッシングしたりするとそれなりに毛が抜けます。私自身も猫の世話をした後にきちんと手洗いしてから飲んだり食べたりするというタイプではありません。

最初はもちろんちゃんと手洗いしていましたが、最近その辺がズボラになってきていることも事実だったりします。そうかとなんとなく納得しながらも周りで花粉症で辛そうな人を見るとなんとなく申し訳ないような気もしてしまったりするのです。

最近彼と家でDVDを観ることがありました。観たのは彼の大好きな宇宙冒険ものですが、見ながら宇宙飛行士として必要なスキルについておしゃべりしました。その時フト思ったのです。

宇宙飛行士って科学技術やコンピュータースキルなんかが大事だから相当頭がいい人達なんだろうな。でも、体力はどうなんだろうと。人類が行ったことのない惑星に行く、現地のウィルスなんかの影響も考えないといけない。となると、花粉症になりやすい人、つまり免疫システムの敏感な人って大変じゃないのかな、と思ったわけです。

それじゃあ花粉ごときに反応しないタフな私がぴったりじゃないかしら、と思ったのでした。つまらないことですが、「サバイバルにぴったりタイプ」だと妙な自信がついています。